セフレ募集への抵抗感

セックスフレンドの省略語がいわゆる、「セフレ」に当たります。これはどういう意味かというと、心、つまり恋愛的感情は一切ない状態で、単純にカラダだけ
が繋がってるセックスだけの関係を言うのです。見た通りの言葉の意味なのですね。だから、相手には特別な恋愛感情は持ってないんだけど、カラダ、セックスの相性だけは抜群に良い、また今はステディな彼氏・彼女は不要だけどセフレだけは欲しい。-そういう人々が所謂、セフレ募集をするのが多いようだと聞いています。

ステディな彼氏・彼女の関係になりますと、やはり将来を見据えた真剣交際が控えてるので、簡単にセックスするという行為は非常に軽々しく感じる場合が
多いだろうと感じます。なので、男性が彼女に対して、セックスをたくさん要求すると、女性は「私の事は所詮、カラダ目当てだったんでしょう?」となり
交際がおじゃんになるケースもあります。また「セックスしていても、あなたからは全く愛情を感じられない」とか言いがかり的な事を、やっぱりステディな
関係になると言われたりします。また男性だけでなく、女性がセックス好きだったりすると、「下品でエロい女だな」と低く見られるという場合もあるのです。
こんな事を考えながらだと、ステディな相手とセックスするのは躊躇してしまうカップルもたくさん出てくるだろうと思うのです。
そういう相手がいる人々が、もっと気楽にセックス出来る相手を探して、セフレを作るという訳なのです。
元々セックスフレンドは、カラダだけの相性、セックスさえ出来てればよいという目的なので、相手が望もうが望まないが好きなセックスを
して良いという事なのです。要は心は全く関係ないのだから、カラダとセックスの相性さえ良ければ、長続きする関係がセフレだという訳なのです。
非常に気負いなく、楽しくセックスを出来る存在が、世間でいうところのセックスフレンドという事になるのでしょうね。
ややこしいしがらみもない、心も特には必要ない。ただひたすらセックスだけに専念していればいい。そういう便利な関係がセックスフレンドだと
今では定義づけられてる気がします。

More from my site

  • セフレについて知っていますか?セフレについて知っていますか? セフレというものをご存知でしょうか。彼氏でもない、彼女でもない、友達でもない関係です。セックスだけを楽しむ人間関係をセフレと呼びます。正式な名称はセックスフレンドですが、今は […]
  • 線引きをちゃんとすることが大事線引きをちゃんとすることが大事 セフレとはセックスフレンドの略ですから、文字通り、セックスを楽しむためにつながっている男女関係です。 世間一般の考え方からすれば、セックスは好きな相手、恋人とするのが理想で […]
  • オープンではないセフレ募集オープンではないセフレ募集 実際にセフレがどういうものなのか、単語を聞いてはいても分からないーという人が非常に多いだろうと推測しています。 セフレの存在は、社会では消して、良い意味では取られていないの […]
  • セフレはいつまで続くのかセフレはいつまで続くのか セフレ募集は大変ではありますが、その関係を続けていくのもまた大変だったりします。 これがたとえば恋人であれば、お互いの間には相手を大切に思う気持ちや共有してきた様々な思 […]

Comments are closed.

About Company

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Morbi sit amet purus rutrum, vestibulum urna a, elementum nulla. Etiam pharetra nisi sit amet sapien malesuada, non hendrerit arcu pellentesque.

Sample Content

Nam eget placerat justo. Suspendisse quis hendrerit nisl. Nullam eget malesuada dui. Phasellus auctor, justo eu euismod vestibulum, ex nisl mollis elit, ut efficitur mauris turpis ullamcorper nisl. Proin eleifend erat tellus, at feugiat mi pulvinar at.

Get in Touch

  • Address:
    ARINIO GROUP
    WZ-290,Plot No.-8, Commodo
    Aenean Cursus-100002

Powered by WordPress. Theme by Arinio